archive: 2017年07月

袖なし羽織

先日、先生から単衣の羽織の仕立て方を教わりました。袷との違いは「まち」と「すそ」の縫い方でした。早速自分のものを作ってみようと思い、洗い張りの古い銘仙を使って縫いました。時間短縮の為に袖はつけませんでした。古い着物を羽織に縫い直す作業は楽しいものです。今回先生の所で縫った単衣の羽織は、男物羽織を女物にという注文でした。古くなっても、デザインを変えたら着られるものはいっぱいあります。時間のある時は、...