黒龍帯

古い黒繻子の名古屋帯を縫い直しました。
あちこち破れていたので、ほどいてから黒の接着芯を貼りました。
以前の折り目より内側を縫って仕上げました。普段着用なので標準の帯幅より狭くてもいいかなと思いました。

繻子はとても軽いのですが丈夫な生地ではありません。
今回縫い直したところで、この先何回も締めることはないだろうと思います。
でもこの龍をみていると“着てみたい”という思いになりました。
古くても縫い直したらまた着られる、そんな着物や帯にこれからも出会いたいものです。

TAMA


33
関連記事

0 Comments

Add your comment