アンサンブルの羽織が出来上がりました。(  ̄▽ ̄)

こんにちは、わんこの母です。今日は息子の羽織のお話です。この羽織は 伊藤和裁がコロナの為にお休みする前に出来上がった 息子のアンサンブルの羽織です。まだ長着が出来ていないので、衿部分に羽織ひもがよく見えるように共布を入れ込んで、画像をアップしました。

この羽織、178cm有る息子なので、袖部分に足し布をつけて裄を伸ばしています。彼の羽織の裄は、2尺2分約77cm弱有ります。(^_^;)私の父の物の仕立て直しなので、結構あの手この手で 伸ばせるだけ伸ばしております。羽裏ですが、元の物では、丈を稼げないので、長襦袢を使って羽裏を伸ばし、袖巾は長襦袢(くどい?)なので、接いだ袖幅に合わせて裁ち(男物は、わになっているから出来る。😆)…なかんじです。それがこれ!

202006031643182ad.jpg


今の人は高身長の方が沢山居られるので、布巾は随分広くなって来ていますが、いかんせん 私の父の物なので、男物でも少し狭いです。なので、袖付け部分で接ぎます。

関東では、接いで作るのは、体が大きく男らしいと言われて喜ばれるそうです。別に息子がすこぶる男らしいとは言いません。いくら私が親バカでも…。(苦笑)とは言え、高身長の部類に入るので、四苦八苦です。長着もやはり裄は接いでます。出来上がりが、2分控えるので、2尺(約76cm)です。出来上がったらセットでもう1度アップする予定です。多分忘れた頃に…。期待せず、こうご期待!?(苦笑)ではではこの辺りで失礼致します。m(_ _)m
関連記事

0 Comments

Add your comment