今回は指皮のお話。(  ̄▽ ̄)

こんにちは、わんこの母です。( ̄∇ ̄*)ゞ
今回は 見出しに書きましたが、縫う時に使う指皮…指抜きと言った方が分かりやすいでしょうか?のお話です。まず画像を見てもらった方が良いかな?と思います。

20200722181258f35.jpg


ご覧のように
① 長細い鹿皮を針を持つ方の中指第2関節?に合わせて切ります。
②四隅を邪魔にならないようにカットします。
③画像のように 毛羽立った方を外側にして縫い合わせて作ります。

これで出来上がりですが、緩過ぎてもキツ過ぎても使い辛いです。(苦笑)縫う際に 針から指を守る為に絶対必要です。使い込むと皮を貫通して痛い思いをします。!Σ( ̄□ ̄;)換え時が難しいです。(^o^)でもこの鹿皮の指皮が使いやすいです。無いと困る1品です。あっ、そうそう 糸は2本取りで縫います。(^o^)

貫通すると書きましたが、わりと新しい時になる事も有ります。運?です。貫通すぐ交換は勿体無いので、少し回して当たる所をずらして使います。運が悪ければ、皮の内側の指に何ヵ所か刺します。(苦笑)まあ慣れますが、正直痛いのは勘弁です。( ̄∇ ̄*)ゞなんかドンドン話が逸れて行くので、今日はこの辺りで失礼致します。m(_ _)m
関連記事

0 Comments

Add your comment