対丈の袷長着(着物)を仕立てました。(^o^)

こんばんは、わんこの母です。今回は 以前仕立てた対丈の袷長着(着物)です。私の身長が 163cmとまあ今ではザラな身長ですが、古着屋さんで購入されたりしてると分かるかなと思いますが、身丈が足りません。(ToT)

どうしても気に入った大島紬が身丈が足りないので、おはしょり無しで着れる対丈の袷を仕立てたのでした。しっかり着れるように子供用みたいに腰紐も縫い付けました。対丈は、おはしょりの調整で着丈を合わせられないので、気を付けてないといけません。( ・`ω・´)キリッ!
襟丈もです。( ゚Å゚;) それがこれ!(≧▽≦)



202008111945532ed.jpg


八掛けも紫・梅鉢の地模様 です。随分以前に切り売りしていたのを買った色無地の端切れで、丁度八掛け分有ったのでいつか絶対使おう!と思っていた物です。我が家に4~5年熟成!?(笑)されていた物でした。意外に紫の八掛けは 私がヘッポコなのか使いきれなくて、結局我慢出来なくなって この着物に使いました。なかなか面白くなったなぁ!とか自画自讃です。(苦笑)ちょっとビクビクです。( ´;゚;∀;゚;)

このように、身丈が足りなくても 工夫次第で仕立て直して着れたりします。あげの位置付近で帯に隠れる辺りで、継ぐとか おはしょりの中に継ぎを隠すみたいな方法も有ります。残布を使うと目立たないので無問題、パッチワークみたく2種類の反物で模様を合わせしたりも面白いのでは?とか、古着なりの楽しみ方も有るかなとも思ったりしています。入口は色々有りますが、いずれは正統派の日本の美を結集した呉服を皆さんに着て頂ければなぁと 常々思っています。(≧▽≦)キャハッ!☆

身近に有りながら、着付けとかが難しいので 入口で戸惑いがちですが、私の知り合いで着なれている方は、あっという間着てしまった方が居りました。つくづく慣れってすごい❗️と思いました。多分20分足らずだったかと思います。しかも名古屋帯だったかと…。!Σ( ̄□ ̄;)

とは言え、初心者🔰は 半幅帯も最近は大人レディースの兵児帯も有るので、入口は少し易くなったかな?と思う今日この頃です。
( ̄ー ̄)b長々失礼致しました。
今日はこの辺りにて…。
関連記事

0 Comments

Add your comment